いすみらい美術館 高生いすみ鉄道存続プロジェクト会議×ドコモ未来ミュージアム

ドコモは、“僕たち私たちの未来のくらし”をテーマに15年間、子どもの夢や未来を描く力を応援してきました。コンクール開催15年を記念し、「中高生いすみ鉄道存続プロジェクト会議」 とともに、走るミュージアム「いすみらい美術館」を作りました。
「中高生いすみ鉄道存続プロジェクト会議」は、いすみ鉄道沿線に住む中高生が、鉄道存続のために自主的に立ち上げたプロジェクトで、自分たちの可能性を広げながら地域の未来を考え地域を活性化させる数々の企画を考え実現してきました。
今回は、「ドコモ未来ミュージアム」のコンセプトである「子どもの夢や未来を描く力を応援する」を体現する15周年記念イベントとして、中高生いすみ鉄道存続プロジェクト会議と一緒に、子どもたちの描く未来やメッセージ列車。

運行情報

運行日
2017年
  • 3月19日(日)
  • 20日(祝)
  • 25日(土)
  • 26日(日)
  • 4月1日(土)
  • 2日(日)
  • 8日(土)
  • 9日(日)
  • 15日(土)
  • 16日(日)
運行時刻
  • 大多喜駅発(大原駅行き)11:58
  • 大原駅発(上総中野駅行き)12:47
※各日1日2便運行
路線図

企画詳細

  • いすみらい青空ウィンドウ

    「ドコモ未来ミュージアム」の応募テーマは「僕たち私たちの未来のくらし」です。このテーマに沿って寄せられた120万点を超える応募作品の「未来のくらし」のアイディアの中には、後にドコモが叶えてきた「未来の技術」も含まれていました。この映像の中では子どもたちが描き、ドコモが叶えてきた「未来のくらし」のほんの一部をご紹介します。

  • 第15回
    ドコモ未来ミュージアム受賞作品展

    窓上の掲示スペースには2016年に行われた「第15回未来ミュージアム」の受賞作品18点が展示されています。全国から寄せられた14万点を超える作品の中から選ばれた素晴らしい「未来の夢のタネ」です。15年間変わらぬテーマは「僕たち私たちの未来のくらし」。今の時代を生きる子どもたちが考えた未来がどんなものか、作品をご覧になりながらちょっと想像してみてください。

  • いすみらいスコープ

    このスコープでは運転台からの映像をリアルタイムでご覧になれます。映像の中では、中高生いすみ鉄道存続プロジェクト会議の生徒のみなさんが考えた、未来に向けてのメッセージ、そして今年の「ドコモ未来ミュージアム」に作品をお寄せいただいた、いすみ鉄道沿線からご応募いただいた皆さんの作品もご覧いただけます。運転士さんになった気分でいすみ鉄道の運転台からの映像をお楽しみください。

ご乗車に際しての注意事項

  • 本企画列車のご乗車には通常乗車券が必要です(追加料金は発生しません)。
  • A・Bは企画列車内にご乗車のみなさまがご覧になれます(整理券などは必要ありません)。
  • Cは企画列車の指定席に設置されたスコープでのみご視聴になれますが、ご着席には座席指定券が必要です。映像のご視聴は、大原駅~大多喜駅間(上り下りとも約30分)のみでご提供予定です。映像をご覧にありたい方は、乗車券をお買い求めの上、上り線(大多喜駅上り方面ホーム)・下り線(大原駅改札口)の専用列にお並びになり「座席指定整理券」をお受け取りください。
  • cご視聴用「座席指定整理券」は、開催日当日分の座席指定整理券を大原駅・大多喜駅で先着順で配布いたします。配布開始時間は、大多喜駅(11:00~)、大原駅(11:45~)です。キャンセル待ちは承っておりません。

Presented byNTTdocomo×いすみ鉄道×中高生いすみ鉄道存続プロジェクト会議

中高生いすみ鉄道存続プロジェクトのみなさま

写真
  • フジ
  • アム
  • い鉄LOVE
  • はるかす
  • 横山
  • りょうやん
  • ケイタ
  • 小林
  • たま
  • まほ
  • 海老根武
  • パッチ
  • こはる
  • 渡邉陽太
  • ほな
  • ゆゆ
  • えり
  • ゆうき
  • ヒロ
  • ひろたん
  • あきな
  • 関勇人
  • 西村晟

順不同

教職員のみなさま

  • 大多喜高校森田圭一
  • 大多喜中学校天羽 史一
  • 西中学校井上 慎哉
  • 国吉中学校魚地 翔平
  • 大原中学校鶴岡 優貴

順不同・敬称略