NTTドコモ

第2回 審査員特別賞 中学生の部

ロボットによるロボットのためのロボット工場

東京都

二瓶 翔太郎(にへい しょうたろう)さん(12歳)

近未来、ロボットが自分たちで自分たちの数を増やしているが、その方法が原始的で、かまどやネンド、手作業などである。ロボットたちは、機械だが、つかれたりもするので、オイル補給所や休憩所などがある。機械的なロボットより、人に近いロボットの方がぼくはいいなと思った。

トップページに戻る

過去の受賞作品に戻る

  • LINEで送る""
  • facebookでシェア
  • Twitterでシェア
トップへ戻る